News&Topics

seminar

弊社代表が日本能率協会主催のセミナに登壇いたします。

2017年3月14日に開催されます、日本能率協会の開催する公開セミナに弊社代表が登壇いたします。

日本能率協会では、経営機能別・専門スキル別の研修プログラムを実施しております。各企業の個別課題や固有ニーズにマッチしたセミナを随時開催しており、今回は生産(ものづくり)分野においてIoT時代のサイバー・フィジカル生産システムをご説明いたします。

開催日:2017年3月14日(火)

会場:日本能率協会・研修室
(〒100-0003東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル日本能率協会研修室 15階・16階)

参加費:参加料にはテキスト(資料)費が含まれております。

セミナのねらい:
IoT(Internet of Things)等の新しい動きが話題となっているなか、製造業ではグローバル化やローカライゼーションなどの市場変化を受けて、新たなモノづくりコンセプトが希求されています。本講演ではIoT時代の世界的な動きを紹介するとともに、IoTを実現するサイバー・フィジカル・システムの考え方を紹介します。また、サイバー・フィジカルの実現技術である「シミュレーション統合生産」を例に取り、これが生まれた時代背景と、そのバックグラウンドとしての技術的な探求プロセスを紹介します。ここでは特に、技術革新への契機となったポイントについての議論を行ないます。技術蓄積と時代背景が関わるイノベーションについて考えます。さらには、これらの具体的な適用活動をケーススタディとして紹介します。

当日のプログラム:
1) IoT時代のモノづくり、課題
2) サイバー・フィジカルによる新しい生産方式
3) サイバー・フィジカルをめぐる様々な動き
4) シミュレーション統合生産
5) AIによる動的最適化生産CPS
6) 既に始まりつつあるCPS、ケーススタディ


お申込み:
下記URLからお申込みください。
https://school.jma.or.jp/products/detail.php?product_id=100533

興味のある方はぜひご利用ください。
皆様のお越しをおまちしております。


PAGETOP