News&Topics

press

三菱UFJビジネススクエア「SQUET」に弊社代表のインタビュー記事が掲載されました。

2018年3月1日発行の三菱UFJビジネススクエア「SQUET」に、弊社代表のインタビュー記事が掲載されました。


掲載誌「三菱UFJビジネススクエア『SQUET』2018年3月号」

以下、概要をご紹介いたします。

————————————————————————————————————―

日本の製造現場では、QCD(品質、価格、納期)は重視され、いまなお「少品種大量生産」の成功体験から抜け切れていません。しかし現在は「多品種少量生産」にシフトし、様々なニーズに合わせて製品を供給する必要があります。
現在の多品種少量生産時代では、製品のニーズに合わせて生産ラインを立ち上げたり、既存のラインを最適化(=カイゼン)しようとする間に、その製品の市場が終わっていることもあります。生産計画の段階で生産プロセスやフロアプラン、生産方法のシミュレーションを行い、生産ラインを一気に構築しなければ、市場のスピードや変化についていけません。
しかし、海外製の生産シミュレータは膨大なデータの入力が必要であったり、専門家でなければ操作することができず、かつコストも高いことから、日本ではあまり注目されていませんでした。
そこでわれわれはクラウド型生産シミュレータ「GD.findi」を開発しました。「GD.findi」は、プログラミング技術を必要としないため、現場の技術者自らが仮想の生産システムの構築、検証を実行することができます。
日本の中小企業はまだ大手メーカーの下請けという安定したポジションにありますが、今後ゆでガエルの状態に陥ることを危惧しています。今後の人手不足や生産性向上に対応するためには、経営トップがIoTやAI等の変化を受け入れ、世界市場で勝つ「モノづくり体制」を進めていくしかありません。
————————————————————————————————————―

弊社ソフトウェアにご興味のある方は以下のURLからお問い合わせください。

<問い合わせはこちらから>
http://www.lexer.co.jp/inquiry/

PAGETOP