社長挨拶

image

レクサー・リサーチ、代表取締役の中村です。
当社は設立以来、「人の創造活動を支援する」という独自の視点で研究開発と製品、サービスのご提供を進めて参りました。
設立以前には大学、製造企業での研究で認識技術、人工知能や自動化技術の研究を行っておりましたが、ビジネス活動や人間社会のあるべき姿の思索を通じて、「テクノロジによる効率化や人的活動の代替は科学技術の本質ではない」という考えに至りました。それよりも、人としての意義ある活動に焦点を当てて、それらを加速させるとともに、新たな発想、着想を生み出し、創造性を開花させるテクノロジを実現することこそ、我々が目指すことであるという想いを強く抱きました。

そのためには「指向する方向」と「実現性」を明確に示すことができるテクノロジが必要です。さらに、これらをビジネス領域におけるイノベーションを起こすメカニズムとして普及させることが責務であると考え、当社を設立いたしました。

設立後は、最先端のICTを最大限に活用して、
 ■直観的、包括的理解の支援(バーチャル技術) 
 ■現象予測・仮説検証の支援(シミュレーションとセンシング技術)
 ■対話的造り込みの支援(直観的インターフェース技術) 
 ■協働活動の支援(共有型ネットワーク・コラボレーション技術)
を行う技術を追求し、これらのコンセプトをベースに様々なシステム、製品を開発し、製造業をはじめとする多様なビジネス領域で当社の技術の適用、普及を進めております。

ここでは、単に機能開発、プロダクト提供に留まらず、協働活動、コンサルティング活動を通じて各業界、各社様での本質的な価値を探究し、それらをビジネス・プロセスにおける価値生成システムとして実現する活動を行っています。
ICTの活用が声高に叫ばれて久しいですが、現状はまだまだ、演算、データ蓄積、データ交換などのプリミティブな運用に留まっております。ICTが潜在的に持つ可能性の活用は、まさに今からです。テクノロジを高度に活用し、圧倒的なパワーを得た人々による創造的活動の時代が始まります。

我々の社会、それを構成する人々は多様で深淵、かつ、複雑かつ輻輳した想いに満ちています。レクサー・リサーチが提供するメカニズムを介して、「あるべき将来の姿」を描き、共有し、それに対する推進力を少しでも生み出すことを通じて、社会の醸成に貢献したいと願っております。

会社案内

関連ページ


Informationimage

生産システム設計WEB講座

生産システム設計WEB講座

第4回 ものづくり日本大賞経済産業大臣賞受賞

第4回 ものづくり日本大賞経済産業大臣賞受賞

Tech Magazine
Practice of GD.findi

gdfindi_katsuyou

Concept & Technology
Innovation from LEXER

コンセプト&テクノロジー

Seminar
Innovative technologie

セミナー

Dialogue
Talk with men of wisdom

対談

Column
Message from the Intellectuals

コラム

鳥取県知事ビデオレター

Youtubeが御覧いただけない方はこちらから動画ファイルをダウンロードしてご覧ください。

Books

  • book4
  • book1
  • book2
  • book3
PAGETOP